So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<民放連>総務相の「関係者」報道批判に会長が「疑問」(毎日新聞)

 原口一博総務相が、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体を巡る事件の報道で、情報源を「関係者」と表現しているメディアを批判したことについて、日本民間放送連盟の広瀬道貞会長(テレビ朝日顧問)は21日の定例会見で「ああいう時期に言う必要があったのか疑問」と発言した。

 広瀬会長は「新聞もテレビも生の名前で意見を出してもらうのがいいが、できないこともある」と述べた。さらに「(原口氏の発言が)それについてできるだけ努力してくれという意味なら、格別おかしい感じではない」と理解を示しつつ、「渦中でもあるし、ああいう時期に言う必要があったかは疑問」と話した。

大仁田氏、小沢問題に便乗失敗 嘆願書持参も門前払い(スポーツ報知)
民家全焼、姉妹が焼死 石油ストーブ原因か 千葉・市原(産経新聞)
与党「政策実現」、野党「小沢氏追及」=論戦へ決意(時事通信)
財政出動の継続を確認=鳩山首相とIMF専務理事(時事通信)
陸山会土地資金、不記載を秘書が引き継ぎ(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。